Tue.

夢が叶う

子どもたちが使っていたコミック本の棚が空いたので、
糸を入れてみました。


IMG_0465.jpg


サイズがピッタリだったのでず〜っと狙っていました。(^^;)

こちらの棚には、カシミアとカシミアシルクの糸を入れてあります。

今までは糸を探し出すのに部屋中糸だらけになっていましたが、
これで一目瞭然、何色がどれぐらいあるかひと目でわかります。

ひとつ夢がかなって、幸せな気分です!

糸はまだまだあるので、次はシルクと麻の定位置を決めたいです。

糸や道具は整然としているほうが、
制作意欲がわきますね、やっぱり・・・

ちょっと反省して、これからしばらくは、
整理整頓にも時間を割きたいと思っています。

もちろん、織りつつ、ですが・・・








10:53 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

ビュアー

久しぶりに晴れて暖かく、とても気持ちのいい朝です。

窓から差し込む朝の光の中で織るのが好きです。


DSC05986.jpg 


でもこの色はちょっと見にくい・・・(^.^#)


日の光を利用してよくやることがあります。

織り上がったものを光にかざして、糸飛びなどをみつけること。

机上でみるより、糸の不自然な重なりがよく見えます。

今回は机の上でも楽に見えるように「ビュアー」を作りました。

「作った」というよりは「並べた」だけですが・・・


DSC05977a.jpg 


ビンを並べた上にアクリル板を置き、
下からクリップ式のデスクライトで照らしました。


DSC05978a.jpg 


簡単な道具ですが、あるとないでは大違い。

これで夜でも机の上で仕上げ作業がはかどりそうです。







09:36 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Sat.

フリンジ ツイスター

やっと調子が出てきたと思ったら、
今度は風邪で一週間ダウン!

治るまで寝ていられればいいのですが、
途中で動いてしまったので、長引いてしまいました。


*****


新しい道具を買いました。

「フリンジ ツイスター」

DSC05981a.jpg


織りを始めた頃から心に決めたことが2つあります。

一つは、「動力は手と足を使うこと」

つまり電動のものは使わないということです。

管巻き機なんかは途中でほしいなあと思ったことが何度かありますが、
今のところ、道具はすべて手動(足動?)のものを使っています。

もう一つは、「なるべく道具を増やさない」

これはなかなか難しくて、道具はどんどん増えていきました。

それでも手作業できるところはなるべく手で、と思っていたので、
房を撚るのも道具を使わずにやってきました。
(こちらの記事・・・ ★ 

でもだんだん織ったものがたまってきて、
そのうえ、今年は手荒れがひどくて手がガサガサ・・・

そこで思い切って以前から気になっていたフリンジツイスターを
購入しました。

ああ、もっと早く買えばよかった〜〜

なんだかめんどくさそう・・とか
私の作る房にはサイズが合わないんじゃないか・・とか
勝手に思っていたのですが、
想像以上に楽だし、きれい!!

時間的には手で作るのとあまり変わらないし、
挟んでくるくる回せばいいので、気楽にできます。

これは買ってよかったです。






09:50 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

ものさしづくり

ものさしをつくりました。


201607061046099a7.jpeg 


綿テープに、10cmごとに印を付けていきます。

前後を少し余らせて、100cmまで印を付けました。

使い方はこんな感じです。


201607070941188e6.jpeg 


私の場合、織れるところまで織るということはめったにないので
何センチ織れたかがわからないと困ります。

初めは布製のメジャーを使ったり、
リボンに印を付けたりしていましたが、今はこれです。

特に「無印」のシーツなどについてくる綿テープが良かったのですが、
最近はもっと細いひもの時もあるようです。残念!(^_^#








10:21 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

ベビーウルフ


ニューフェイスのご紹介です。


DSC05840.jpg


今回新たに購入した織機。

シャクトスピンドル社の「ベビーウルフ」です。

ずいぶん前からいろいろ探していましたが、
やっとこれに決めました。

あまり場所を取らず、折りたたみができて、
機能的には、タイアップが楽で、
綜絖枠がしっかり開口してくれるものを探していました。

思っていたよりは存在感があります・・

ジャッキ式なので、踏み木を踏むときにもう少し重いかと思いましたが、
それほどでもなかったです。


初めて織ったのは、コットンのフェイスタオル。


    DSC05844.jpg


すごく欲しかったのですが、
2台を使いこなせるか、ちょっと不安もあります・・・

でも、これから秋にかけて、カシミアやカシミアシルクを
いろいろと織っていきたいと思います。

楽しみです〜 (^o^)






23:21 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

たかが杼、されど・・・


お天気もよく暖かで、穏やかなひな祭り日和ですね。


DSC05664.jpg





今シーズン初めての麻を織り始めました。

麻糸は摩擦に弱く、ほとんど伸び縮みしないので、
シルクやカシミアとは違った工夫がいります。

特に今回使っているのは細い単糸なので、毛羽立ちもあり、
とても切れやすいです。

伸び縮みしないので、経糸のテンションは高めにしています。

摩擦に弱いので、筬が行き来する回数を減らすために、
こまめに経糸を繰り出すようにします。

緯糸を通すときも、糸の出方や引っぱり具合に気をつけます。


シルクを織るときは杼(ひ)の下に手を添えて
緯糸のテンションを加減していますが、
麻糸の場合、それでは引っ張られすぎるようなので、
杼に「ソフトシール」というものを張ってみました。

ソフトシールというのは、片側に化学繊維の毛が貼ってあり、
裏側は粘着シールになっています。

それを切って、杼の内側に貼ると、
糸に柔らかくブレーキをかけることができます。

昔は猫の毛を貼ったらしいです・・・


DSC05674.jpg


思った通り、とてもいい感じに緯糸が通りました。

拡大すると、こんな感じです。


DSC05676.jpg


小管はスーパーで買ったストローを半分にきったもの。

小管の丸い玉のかわりに、厚紙を丸く切って入れて、
糸がからまないようにしてあります。

少しの工夫で織りやすくなったり、仕上がりがきれいになったり・・

そんな小さな工夫を考えるのが、結構好きです (^^;)






12:56 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Sun.

粗筬立て


粗筬立てを作ってみました。


DSC05569.jpg


「粗筬(あらおさ)」とは、
経糸を巻き取るときに、織幅に合わせて巻けるように
少し粗めに糸を通す道具です。

私は卓上で粗筬通しをします。

今までは粗筬をぺたっと寝かせて、上から糸を差し込んでいたのですが、
最近は筬を立てて糸を引き込むようにしてみました。

そのとき粗筬を立てておくために箱で挟んだりしていたのですが、
安定しないし、すぐ倒れるしでどうにも効率が悪い。

そこで、かまぼこの板にドリルで穴をあけて、
太めのアルミワイヤーを差し込んだだけの「粗筬立て」を作りました。

使い方はこんな感じです。


DSC05568.jpg



経糸を床で巻き取るときもこのように使います。


DSC05571.jpg


大きさも手頃で、しっかり役に立っています。

もっと早く作ればよかった・・・(^^;)


道具はなくてもなんとかなりますが、
あるととっても便利!

こうしてどんどん道具が増えて行ってしまうのです(^^#)





11:59 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Sun.

綜絖通し


綜絖通しを買いました。





上2本が今まで使っていたもの。

3本目と4本目が新しく購入したものです。


    DSC04844.jpg


ちょっとマニアックなお話ですが、
全長は一番長いもので18cm、
一番短いのが9.5cmほどです。

先端のフックの部分は
一番上と3番目が、外径3mm、
2番目と4番目が外径2mm、
1番下は1mmちょっとです。

3mmのほうは、カシミアや少し太めの糸のときに、
2mmのほうは、シルクや麻の細い糸に使います。

今まで使っていた長いものでも問題はないのですが、
もう少し短いもののほうが効率よく綜絖通しができそうだったので、
探していました。

一番下の小さいものはユザワヤでみつけたのですが、
使ってみると、短すぎるし、フックが小さすぎました。

今回ちょうどいいサイズをみつけて、即買いです!

購入先は織り機と同じ「稲垣機料」さんです。


機織りは、段ボールや板きれがあればできますが、
反面、道具があると格段に便利になります。

機械の「機(き)」の字は、「機(はた)」という字です。

もしかしたら人類初めての機械は機織り機だったのではないかな。

そう思うと、ちょっと楽しいです(^^)


そんな道具の一部を、ホームページに載せてみました。

ホームページはこちら・・・>「studio ventvert

興味のある方はのぞいてみてください。







11:29 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Fri.

1本糊付け


きのうとはうってかわって、とてもいいお天気の横浜です。


DSC04765.jpg


こちらは先日の渋谷西武のイベントのときに
会場で紡いでいたコチニールで染められた真綿です。

スピンドルは厚紙で手作りしたもの。

全長21cmほどの小さなものです。

シルクの糸を細く紡ぐので、これぐらい軽くないと糸が切れてしまいます。

スピンドルだろうと、紡毛機だろうと、
紡いだ糸は糊付けをしないと使えません。

今まではかせにした糸に糊をつけていましたが、
乾いたあとにどうしても糸同士がくっついてしまって、
糸を痛めてしまうことがよくあります。

紡ぎながら糊をつける方法も試してみました。

きれいな糊付きの糸ができるのですが、
糊がつきすぎて糸がかたくなってしまったのと、
紡毛機の金属部分がさびてきてしまいました。

1本糊付けという方法があるのは知っていましたが、
それにはお皿に小さなビーズのようなものがついている道具がいります。

なんとかそれに代わるものができないかと
頭の隅ですっと考えていました。

今回作ってみたのはこちら。


    DSC04774.jpg


DSC04772.jpg


紡いだ糸のボビンとかせ上げ機の間に糊を入れた器を置きました。

この白い器、ぬか漬け用のホーロー容器についてきた水取り器で、
器自体に小さな穴があいています。

その穴を利用して、ワイヤーで作った糸通しを爪楊枝でつり下げました。

もう少し改良がいりそうですが、とりあえず使えそう。

結果は改めてお知らせしますね。







10:55 | 道具 | comments (0) | edit | page top↑
Mon.

新しいおもちゃ

先日、久しぶりにぶらぶらと「ユザワヤ」を歩いているとき、
ふと思い出して、ビーズ売り場へ・・・

ありました、ありました!

「ビーズ織り機」

以前からサンプル織りによさそうだなあと思っていたのですが、
購入してみるとぴったり!


DSC039790001.jpg


幅が12cm、長さが20cmの小さな織機。

経糸は1cmに6本の密度で、
経糸を長く巻き取ることもできるすぐれものです (^O^)

早速カシミアで、サンプルの試し織り・・・!?


DSC039900001.jpg


経糸がゆるむことなく、きれいに織れました。

これからは、サンプルづくりも楽しくなりそうです (^^)






09:03 | 道具 | comments (2) | edit | page top↑