Tue.

ひとりごと

娘のリクエストで、長さ230cmのロングマフラーを織っています。

「このコートに合わせて、色はこれで、長さは長く」だそうです(^^;)


IMG_0842.jpg


一色の無地なので、織るのは楽ですが、
織っている最中にいろいろな思いが頭をよぎります。


***


「手織り」なのに手織りっぽくないよねえ

平織だけで、だれでも織れるし

独創的なアートでも工芸品でもないし

特にカシミアは色を合わせるだけで、
紡いでもないし、染めてもないし

これでいいのかなあ

などなど・・・・・・・・・・


それから、じゃあ、どういうものが織りたいの?  と自問自答

一番が、自分が使いたいと思うもの

大事にしたいのは、肌触り、軽さ、薄さ

色は人それぞれ、好きな色や似合う色があるので、
なるべくいろいろな色で

でもやぼったくならないように

コーディネートのじゃまにならないように

暗い色の多い冬に、お顔がきれいにみえるように

なによりも、心も体もあたたまるような

「手織り」のよさは最大限に、
でも「手織り」にみえないように


あれっ??


そうなんです。

カシミアを織り始めたころ、自分で使うのに、
「手織り」に見えない手織物をめざしていたのでした。

そういう意味では、まさに今織っているものが、織りたいもの。


とはいえ、もう少し手をかけて、
手仕事感のあるものも作ってみたいな

と思ったりもするきょうこの頃です・・














22:01 | 織る | comments (0) | edit | page top↑
Thu.

ミニマフラー増殖中

今年のイベントが終わって気持ちがゆっくりしたせいか、
試してみたいことがたくさん出てきました。

その中のひとつ、ミニマフラーの試し織り。

今までは普通に平織りにして、
サイズだけ小さくしたマフラーが多かったのですが、
千鳥格子のミニマフラーを作ってから、その肌触りに感激!

平織りでも、もう少し厚手でふんわりしたマフラーが作れないかと思って、
試行錯誤中です。


IMG_0838.jpg


こちらは、縮絨後にお風呂場で乾燥中のミニマフラー。


IMG_0835.jpg


そしてこちらは、黒の無地ですが、ふんわり感を重視して、
あえて杉綾にしてあります。


同じ糸でも、本数や密度、織り方で、
できあがりの風合いがずいぶん違います。

大きいサイズのマフラーなら良くても、
小さいサイズだとちょっと違う、ということもあります。

肌触りがよくても、柄の出かたを変えたいということも・・・

やりだすと切りがなくて、
かなりの本数を作らないと納得したものができません。

今までミニマフラーは本腰を入れて作っていなかったので、
この際、納得がいくまで作ってみようかと思っています。

次の展示会には、ミニマフラーがたくさんあるかも・・・(^^;)





13:10 | 織る | comments (0) | edit | page top↑
Tue.

真っ赤なストール

8月後半よりほとんど休みなく動いていましたが、
やっと一段落したので、きょうはゆっくりと織っています。

こんな真っ赤なカシミアのストールです。


手織り


この秋は、赤がマイブーム。

なかなか使えなかったのですが、
使ってみると、とても魅力的な色です。

いろいろな色のストールの中に置いておくだけで、
華やかで、元気な気持ちになります。

暗い色の多い冬のコートにも、とても映えそうです。

自分で使ってみたいかも・・・

柔らかいカシミアはドレープがきれいに出るので、
無地でもとてもきれいです。

無地が少なくなってしまったので、
しばらくはきれいな色の無地を織りたいと思っています。

次のイベント、「for you」でご覧ください。





11:56 | 織る | comments (0) | edit | page top↑
Fri.

桑葉染め

先日、友人がお庭にある桑の葉をたくさん送ってくださいました。


FullSizeRender_20170922101010c09.jpg


とても大きくてきれいな桑の葉がたくさん!!

以前から桑の葉で染めてみたいと思っていたので、感激です。

シルクの糸と真綿を染めて、
まだたくさん葉があったので、カシミアを染めてみました。


image2.jpg


鉄媒染とアルミ媒染で、こんなにやさしい色に染まりました。

ずいぶん前にビワの葉でカシミアを染めたことがありますが、
それもとてもやさしいオレンジ色に染まりました。

最近ちょっとカシミアの色で迷うことが多かったのですが、
草木染めの色、いいですね。

なんだかハマりそうな予感・・・





16:37 | 染める | comments (0) | edit | page top↑
Wed.

絹糸の機上げ


延ばし延ばしにしていた絹糸を整経しました。


IMG_0494.jpg


細い絹糸を織るには、どの瞬間も緊張感があるので、
ちょっと覚悟が必要です(^^;)

今回は白一色の経糸です。

とはいえ、糸の種類は三種類で、ランダムな縞をつくっています。


FullSizeRender.jpg


自分で紡いだ糸も入れてあるので、最後まで切れないように
慎重に巻いていきます。

ここから、綜絖通し、筬通しをして、
無事に織り始めることができました。


IMG_0513.jpg


緯糸はアカネで染めたピンク。

シルクのピンクのストールは、
お顔の色を明るくきれいに見せてくれるので、
人気の色です。

一番上の写真の奥に写っているのは、
卓上機にかけたカシミアです。

シルクは糸が細いし、夜などはとても目が疲れてしまうので、
息抜きにカシミアの綾織を同時に進めています。


IMG_0495.jpg


ふんわり暖かい千鳥格子のミニマフラーです。

その他にも、ワークショップ用のサンプルを織ったりしているので、
ちょっと注意力散漫かなあ・・

でも「織り」に囲まれて、幸せな毎日です。





10:53 | 織る | comments (0) | edit | page top↑
Fri.

糊付け


自分で真綿を紡いだ絹糸に糊をつけました。





以前はかせにした糸に糊の液を揉み込む方法でしたが、
今は、糸を糊の入ったカップを通してカセ繰り機に巻き取っていきます。

こうすることで、糸にまんべんなく糊がつき、
乾いたときに糸同士がくっついてしまうこともないので、
あとの作業がとても楽になりました。

かせごと糊をつけていたときは、乾きも遅いし、
糸を1本ずつはがすときに、
切れたり、毛羽立ったりして、かなりなストレスでした。


IMG_0484.jpg


使っている道具は、キッチンにあるものばかりです。

息子が小学生のときにどこかで絵付けした、
捨てるに捨てられないマグカップに、
箸置きの輪を5個重ねて入れて糊液をたっぷりと注ぎ、
一番下の輪に糸を通します。

このカップより大きいと輪が動いてひっくり返ってしまうので、
これがベストサイズ!!

ますます捨てられなくなりました(^^;)

重ねたバットの上の方に、糸をしごいて滴り落ちた糊をためて、
その糊をカップの中に返しながら使います。

そして糸立ては100円のカゴに編み棒を通したものです。

いろいろと試行錯誤した結果、この形に落ち着きました。

できた糸はこんな感じ。


IMG_0487.jpeg


1本ずつパラパラに仕上がっています。

これで手紡ぎの糸も経(たて)糸に使えるようになります。






10:13 | 制作 | comments (4) | edit | page top↑
Fri.

新しいこと


きのうは10月に予定している、6人のグループ展の打ち合わせでした。

午前中は、スタジオを借りてDM用の写真撮影をしました。

撮影スタジオを使うなんて初めての体験で、
6人でワイワイと楽しく撮影することができました。

自分のストールも撮りたかったのですが、準備不足で、
1枚だけ撮ってみました。





こんなすてきな窓辺があったり、
漆喰の壁や、レンガの壁、おしゃれなドアなどがあって、
次回はぜひもっと時間を取って、撮影大会をしたくなりました。


午後は、南青山の「ギャラリー パレット」さんで打ち合わせ。

10月の展示会では、生まれて初めてのワークショップを
させていただくことになりました。

勝手がわからず、ちょっとドキドキです。

新しいことを始めるときは、いつも不安でいっぱいですが、
回数を重ねると、必ず上手になってくるので、
思い切って「はじめの一歩」を出してみることにします。

どのような形にするか、試行錯誤中ですが、
織りの楽しさを体験していただけるとうれしいです。

改めて告知いたしますので、
ご興味がある方は、ぜひ体験してみてください。





21:43 | 制作 | comments (0) | edit | page top↑